前川さんの会見に想う

  • 2017.06.24 Saturday
  • 15:44

下記は最近の自分にツイを並べたものである。


前川さんの理路整然とした会見清々しかったよね、仏法を極めた顔付、彼が後輩に贈った言葉、個人の尊厳、国民主権、官僚も政治家も家に帰れば一個人、一国民と俺が言う所以だ。

彼は必ずしも規制に反対ではない、これが俺がいつも言うところの哲学的にリベラルでその下に保守と革新があると言う事だ。


前川さんは思想的に何かあるなとは思ったが仏法だったとは、面従腹背が座右の銘という事も理解出来る、個人の尊厳、国民主権もそこから来る。

個が無に対峙するナチュラリズム、片や個が全に対峙するヒューマニズム、無と全の間を行ったり来たりするホーリズム(トータリタリアンではない)の日本人。


前川さんの会見を見て、個人の尊厳、国民主権という言葉から個の確立の重要性或いは規制に必ずしも反対ではないという言葉からは哲学的にリベラルであり政治的に保守と革新に分かれるという基本理念迄共有出来た事は俺にとって実に意義深いものがあった。


俺はオーストラリアに帰化する事で和魂洋才の捻れから逃れ洋魂洋才の環境で哲学的にもリベラル政治的にもリベラルを標榜出来る様になったと言ってるが、田原総一郎でさえ自由主義国は哲学的にリベラルでその下に政治的に保守かリベラルがあるって理解してないから日本人には無理な話なのかも知れない。


田原総一郎が高校生に他の国は保守とリベラルの二大政党制なのに、日本は両方ともリベラルだから対案が出せないとか説教垂れてたが、彼は以前も明治維新で西欧では一神教だから現人神にしたとか曖昧にぼかしてたけど、西欧は普遍主義つまり政治的にリベラルの元に保守と革新があると何故言わないのだ。


俺が25年日本の特異体質を追求して出た結論が国籍離脱だったという事を日本人はもっと深く考えた方が良いよ、和魂洋才の捻れは衆参の捻れなんて簡単なもんじゃない、政治的にリベラルを唱えるには哲学的にもリベラルにならなきゃ駄目よ、アメリカは哲学的にリベラルでその下に保守とリベラルが来る。


俺は暇な事を良い事に毎日朝から晩まで如何にしたら日本は救われるか考えているが、今の所望みはない、第一に救いは個人に来るもので集団には来ない、早く個の確立が出来るようになって欲しいものだ、神が居ないから個の確立が出来ないのではなく、個の確立が出来ないから神が居ないのだ。


俺は皆様の様に自慢できるものは女房以外に何もないですが、皆様の様に毎日が他人を腐し足を引っ張り会って生きないで済むだけ余程幸せだと思っています、これからも洋魂洋才の社会オーストラリアでひっそりと死ぬ迄生きたいと思います。


スポンサーサイト

  • 2017.08.01 Tuesday
  • 15:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM