血液検査の数値が向上

  • 2010.11.26 Friday
  • 06:53
JUGEMテーマ:人生論
 本来僕の血液癌(マクログロブリン血症)の事については、リンクにあるヤフーの愛と死を見つめてブログに書いてるのだが、今回は特別にこちらでも発表させて頂く。

と言うのは、昨日結局症状が出なければ何も出来ないんだから、わざわざ医者に行ってもしょうがないんだよな、なんて思いながら嫌々ながら出かけたら、医者が上機嫌で、数値が良くなったと喜んでいるじゃないか、発症したと言うか、血液検査で偶然発見した3年前の数値に迄戻っていた事は確かなんだが、とは言っても通常の10倍以上の値である。

悲しいかな数値が良くなっても悪くなっても原因がわからない、医者も血液検査続けるかいなんて飽きて来たみたいだし、神のみそ知るって奴ですな、

それにしても摩訶不思議、細胞分裂とともに増えるがん細胞が減るってのは、今まで水銀計と同じに一度あがったら下がらないと言われていた数値が三年前の数値に一気に下がるとは、、、

先々週フルーで高熱を出したから癌細胞が死んだかとか、先週血液採取の前に窒素瞬間凍結で左足ふくらはぎにあったほくろ状角質化皮膚を除去したから良かったのかと、素人丸出しの考えしか浮かばないのが残念だよね。

スポンサーサイト

  • 2017.08.01 Tuesday
  • 06:53
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック