考えさせられるね

  • 2010.11.18 Thursday
  • 07:01
JUGEMテーマ:人生論

女房が大学を遅ればせながら卒業し、会計士の資格を取り、今回近視矯正の手術まで受けて意気盛んである、結婚も11周年を迎え、女房ももうすぐ35だし、あと5年は積極的にキャリアー志向で進み40からは安定型の生活なんて言っていたが、当初は女房は燃え尽き症候群、僕は空の巣症候群なんて言ってた内は良かった。
落ち着いて見れば、女房は自信を取り戻し、怖いものなしの状態であり、僕はと言えば、血液癌をかかえ年取るばかりじゃないか。

あの思い出すだけでも忌々しい還暦パーティーの時も、ワンディケードなんて言っていたのを思い出すが、それから既に2年が過ぎ、第二のステージを迎えた感があるね。

気がついたが自分のこともたまには考えないと、女房にとっても重荷であり、僕にとっても充実感の欠如は否めない。

今回近視矯正が無事終了し、口やかましい僕に「私たちは結婚した夫婦であり、親子じゃないんだから、あなたは心配し過ぎよ」と反抗的態度を見せた女房を見て、女房が会計士の資格を取ったなんて悦に入ってる場合じゃないなと実感した次第である。
 

スポンサーサイト

  • 2017.08.01 Tuesday
  • 07:01
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック