へとへとや

  • 2010.11.13 Saturday
  • 06:24
JUGEMテーマ:人生論

女房の近視矯正手術につきあったらへとへとになりました、

通常のレイシックと違ってASL advanced surface laserって言う方式で、角膜を切り取る事なく矯正できると言うのが特徴らしい、、

そのかわり、回復に3,4日掛かるってのが難点みたいである、

手術現場にガラス越しに手術台を見ることが出来る小部屋があって、スクリーンがこちらを向いていて、そこに拡大された眼の部分と医者の手術用器具が見える、かなり乱暴に表皮を剥ぐ作業をみるとあまり自分ではやりたくないなと思う、、

最初、これはレーザーで全て処理して、手作業は無いみたいなふれ込みだったのだが、何のことはない、表皮を剥ぐのは手作業じゃんか、それに、涙腺を開いておくためにブルーの針状のものを下まぶたの内側に埋め込むのが見えた、プラグと呼ばれている新技術らしい、

まぁ、手術はこんなもんなんだが、帰ってからが大変、
最後に与えられた精神安定剤で女房はまともに立ってまっすぐ歩く事すら出来ない、泥酔している人間みたいである。
その上、帰ってから再び3錠与えろと言うから完全ラリっている、

麻酔が切れたら大変、しきりに痛みを訴える、仕方が無いので少し早めに痛み止め、、
開かない眼に抗生物質の目薬と潤滑用の目薬をかろうじて差す、、

これが数時間おきに夜まで続いた、一時は完全にコミュニケーションがとれないので心配になったりしたが、トイレに連れて行ってやってから少し意識が戻ったみたいである、

夜中の3時に痛み止めを与えて朝は7時頃再度痛み止めを欲しがった、
目薬をして、アイスパックで冷やす、、
未だ眼が開かないとぼやいている、

いつも飲んでいるりんごジュースとミルクティーを与えて少し安心した。
 

スポンサーサイト

  • 2017.08.01 Tuesday
  • 06:24
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック